RSS
Admin
Archives

Makoz.Net

らくがき絵日記。ジェフサポ日記。映画・小説などの感想。雑記。

目次

感想リスト
Jリーグを1.5倍楽しむ放送
古本屋でバイトでもするか
twitter

ブログ内検索
カテゴリー
カレンダー(月別)
03 ≪│2017/04│≫ 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最近の記事+コメント
全記事表示
全タイトルを表示
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
RSSフィード
プロフィール

Makoz

  • Author:Makoz
  • ジェフ千葉サポ
    Twitter
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
--.--
--


--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010.07
12
Category : 映画
Theme : 映画感想
Genre : 映画
【映画】カイジ 人生逆転ゲーム (★★★★★★☆☆☆☆
カイジ 人生逆転ゲーム 通常版 [DVD]カイジ 人生逆転ゲーム 通常版 [DVD]
(2010/04/09)
藤原竜也天海祐希

商品詳細を見る


フリーターであるカイジが多額の借金を背負い、一発逆転のギャンブルに挑むお話。

原作物でありがちな端折り過ぎ。時間の関係で仕方ないのはわかるけれども。
エピソードの切り貼りだが、原作未読の方には雰囲気は伝わるとは思う。
でも、肝心の心理戦があまり描かれてないのは残念。原作好きには物足りない。
原作はもっと緊迫していて、もっと毒々しい。2時間にまとめる頑張りは感じる。

もう一つ原作物でありがちな不満。主要人物を女性に変える。これもマイナス。
福本ワールドに女性などいらん! 遠藤が女性である必要性が全く感じられない。
まぁ、これも色々な理由があるのはわかる。やっぱり原作物は難しいね。

など、典型的な原作物映画。雰囲気が気に入ったら、原作を読む事をオススメ。

2010.07
11
Category : 映画
Theme : 踊る大捜査線
Genre : 映画
【映画】踊る大捜査線 THE MOVIE 3 ヤツらを解放せよ! (★★★★★★☆☆☆☆

踊る大捜査線シリーズ。係長となった青島。湾岸署の引越しの中、事件が起こる…。

いい意味でも悪い意味でも踊る大捜査線を作ろうとしすぎている気がした。
自分はこのシリーズが好きなので、懐かしの面々やネタが出てくる度にニヤニヤ出来るが、
シリーズを知らない人には、ただの警察モノとしか感じ無いのでは。そんな印象。

内容についても同様。踊るシリーズだから楽しめたが、それを抜くと大味。
このシリーズの良さは、本当にありそうな事の中でのハチャメチャだったのだが、
事件が大きくなりすぎて、リアリティと大きく離れた。事件の真相についても同じ。
シリーズへの期待が大きすぎる故か。やっぱりこのシリーズはドラマ向きかな。

それでも青島や湾岸署の面々のやり取りは面白い。またドラマでやらないかなぁ。

2009.01
15
Category : 映画
Theme : 映画感想
Genre : 映画
【映画】チーム・バチスタの栄光 (★★★★★★★☆☆☆
チーム・バチスタの栄光 [DVD]チーム・バチスタの栄光 [DVD]
(2008/08/08)
竹内結子阿部寛

商品詳細を見る

エリート医師チームが起こした術中死の謎を追うお話。

原作小説・テレビドラマは読了・鑑賞済み。小説の感想はこちら
尺の関係で上記二つよりボリュームは落ちるが、雰囲気は再現している。
この作品自体が好きなんで、大きな不満なく2時間鑑賞できた。
大きな変更点である田口女性化もそこまで違和感は無かった。
でも、やっぱり田口は男の方がいい。下手に恋愛に発展させなかったのは○。

内容に関しては小説の感想で書いたので割愛。原作に忠実だし。
なので、キャストにスポットを。なんといっても白鳥役の阿部寛。圧倒的な存在感。
原作でのイメージとは少し異なるが、ふてぶてしくて面白いキャラは健在。
竹内結子も原作とは違うが及第点。個人的には伊藤淳史の田口の方が好き。
全体的なキャスティングに不満は無し。何気にココリコ田中も良かったし。
物語には全く関係ないが、「毎日飲みますレモンティー」の歌がお気に入り。

阿部寛は男優の中で一番好きかもしれん。やっぱり俳優の力量は大事だなぁ。

2009.01
11
Category : 映画
Theme : 映画感想
Genre : 映画
【映画】ハチミツとクローバー (★★★★★☆☆☆☆☆
ハチミツとクローバー スペシャル・エディション (初回限定生産) [DVD]ハチミツとクローバー スペシャル・エディション (初回限定生産) [DVD]
(2007/01/12)
櫻井翔蒼井優

商品詳細を見る

美大の男女五人が恋愛したり青春するお話。

原作未読。原作は友人に薦められていたので、興味は以前から持っていた。
原作モノ映画では毎度言っておりますが、物足りなさを感じる。原作未読でも。
読んでいない人にもわかるように、なおかつ原作ファンも満足するように、
原作の良い場面を切り貼りしているんだろうなぁ、と感じてしまう。だから薄くなる。
涙の場面も原作にあるであろう積み重ねが無いので、唐突で感動に繋がらない。
青春映画は好きなんだけど、青春だけの場面を前面に出されてもね。日常も無いと。

それでもこの映画を見て、原作を読みたいなぁと思えたのも確か。
メイン、脇役も含め、良いキャラが揃っている。雰囲気も好きな作風。
描かれていない部分を原作で補完できれば、好きな作品になるかも。
映画では空気だった竹本くん(櫻井翔)も良い味出してそうだ。
片想いの連鎖というのは面白い。早速、原作を読んでみたいと思う。

原作モノを見て、原作を読みたくなる流れは良いが、映画も楽しみたい。
2009.01
08
Category : 映画
Theme : 映画感想
Genre : 映画
【映画】GOAL!2 (★★★★★★☆☆☆☆
GOAL!2 STEP2 ヨーロッパ・チャンピオンへの挑戦 スタンダード・エディション [DVD]GOAL!2 STEP2 ヨーロッパ・チャンピオンへの挑戦 スタンダード・エディション [DVD]
(2007/10/26)
クノ・ベッカースティーヴン・ディレン

商品詳細を見る

GOAL!の続編。欧州移籍に成功したサンティアゴのその後のお話。

前作同様にサッカーファン(またはミーハーファン)なら楽しめるといった内容。
サッカーという題材を抜かせば、特筆する点がなかなか見当たらない。
メインとなる行方不明の母親との再会は、使い古されてなーんの感動も無し。
恋愛部分もただのすれ違いだけで、琴線にかすりもせず。勝手にしろっちゅーねん。
イラッときたのが義弟。貧しくたってやって良い事と悪い事がある。それが子供でも。

物語に関してはなんの感動もなかったが、やはりサッカーという題材は大きい。
若くして成功した選手がレアルマドリードというビッグクラブへ移籍。
そこですぐにサクセスロードが待ち受けているわけでもなく、ベンチを温める日々。
そこからの展開は出来過ぎで萎え気味ですが、それでも楽しめるわけで。
それでも、最後の試合はやり過ぎ。サッカーはそんなに甘くないぞコラァ!

サッカーに限らずスポーツとは筋書きがないから面白い。作れたノートでは興醒め。

2008.12
29
Category : 映画
Theme : 映画感想
Genre : 映画
【映画】恋空 (★★★☆☆☆☆☆☆☆
恋 空 スタンダード・エディション [DVD]恋 空 スタンダード・エディション [DVD]
(2008/04/25)
三浦春馬新垣結衣

商品詳細を見る

女子高生と男子高生の波乱万丈の恋愛物語。

酷評を耳にしていたので、どれほどひどい作品なのかと楽しみにして見たが、
どうしようもなくひどいというわけでもなかった。一応、物語として成り立っているし。
物語として破綻しまくりの作品に比べたら、まだマシな方かな。"まだ"ね。
原作の携帯小説を斜め読みした時は、失笑の嵐だったけど、
あの素材を映像としてまとめたのは、監督らの頑張りかと。お疲れ様でした。

だからといって賞賛するわけでもなく。物語として薄っぺらいのは変わらない。
衝撃な出来事をただ並べて、さぁ感動してください、と言われても……。
物語に起伏がないと食傷気味で冷めるだけ。これを飽きさせない展開とは言わない。
恋愛部分もやはり軽薄。彼らの言動は、場面場面は綺麗なものかもしれないが、
少し離れてみると、重みが感じられない。その時々、一生懸命なのはわかるけど。
まぁ、主人公・美嘉の感情の流れとかは、女の子には共感できるかもね。

これが若者のリアルな恋愛なのかもしれないが、おっさんにはわかりません。

2008.12
29
Category : 映画
Theme : 映画感想
Genre : 映画
【映画】犬神家の一族 (★★★★★☆☆☆☆☆
犬神家の一族犬神家の一族
(2007/07/06)
石坂浩二松嶋菜々子

商品詳細を見る

大富豪の遺産を巡る犬神家一族のお話。金田一耕助シリーズ。

原作は未見だが、オマージュ作品を数々見てきているので、
全体の流れは把握済み。それが影響してか目新しさは感じられず。
「やっぱりオリジナルは凄い!」と思える感動は無かったかな。
推理物としても、定石と言ってしまえば、名作に失礼だが、やはり定石。
順番としては、こっちが先で、それに続くものが模倣なのだけれど。

そうはいっても、スケキヨのインパクトは凄まじい。素晴らしき個性。
あの仮面は一度見たら忘れられない。これだけでも見た価値はあった。
湖から浮かぶ二本の足も映画史に残る名シーン。この発想は凄い。
金田一耕助はそこまで魅力を感じなかった。もっとおとぼけでも良かった。
あとは、おばちゃんたちの迫力も良かったけど、全体としてまとまり過ぎかな。

後の作品の礎となったのは評価したいが、後の作品を見た記憶は消せない。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。