RSS
Admin
Archives

Makoz.Net

らくがき絵日記。ジェフサポ日記。映画・小説などの感想。雑記。

目次

感想リスト
Jリーグを1.5倍楽しむ放送
古本屋でバイトでもするか
twitter

ブログ内検索
カテゴリー
カレンダー(月別)
09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近の記事+コメント
全記事表示
全タイトルを表示
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
RSSフィード
プロフィール

Makoz

  • Author:Makoz
  • ジェフ千葉サポ
    Twitter
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
--.--
--


--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006.08
17
昨日に続き、今日も演劇鑑賞。「ブクロ最高~!」でお馴染みの池袋へ。
キャラメルボックス主催の『雨と夢のあとに』を観て来ました。
ameyume.jpg

この作品はテレビドラマで見ていたので、物語の全容は知っている。
それでも観に行こうと思った決め手。主演の福田麻由子をこの目で観たかった。
映画やドラマで子役を見た時、9割はその演技力に嘆きを抱いてしまう。
そんな中、久しぶりに可能性を秘めた子役に出会えた。それが福田麻由子。
本人のやる気さえ続けば、日本を代表する女優になると睨んでいる。
ブレイクしてチケットが取れなくなる恐れがあるので、今のうちに生で観ようと思い立つ。

そのほのかな期待が、今日確信へと変わった。この子は大物になる。間違いない。
12歳の小学生。その小さな身体のどこにこのパワーが秘められているのだろうか。
何百人の前で堂々した演技。喜怒哀楽を彩る表情。一気にファンになったよ。
自分が12歳の頃は、ただドッジボールやゲームに夢中だったのに…。末恐ろしい。
"子役は大成しない"という言葉があるけれど、この子には頑張って成長して欲しい。
くだらん男に引っ掛からないで、今後日本映画(演劇)界での活躍を期待している。

才能のある若い原石を見て、嬉しく思う年齢になってしまった。自分も頑張ろっと。
2006.08
16
友達が出演している舞台を見るべく下北沢へ。→少年王者舘
上戸彩に遭遇するかも…と、一瞬でも思った自分は田舎者です。

舞台は、とある人物の存在意義、葛藤など、心の内側を具現化した内容。
正直、こういった趣向の作品は苦手。演劇だけでなく、映画や小説においても。
明確な答えが存在しない(自分はそう認識している)ので、考え出すとキリがない。
人間自体が存在している意味さえわからないのに、自分がいる意味など導き出せない。
そんな事情から、序盤から置いていかれて、最後まで作品にハマる事ができなかった。
こういった自分の趣向と違う作品に触れられたので、見たかいはあったと思う。
なによりも演者たちの力が伝わってきた。友達も頑張ってたし、良い刺激をもらった。

舞台を見終わって、思った事(この作品の感想ではなく、ただの自論です)。
他人の夢の中を見るという行為は、とても気持ち悪いものである。
話の上辺だけを聞く程度なら、面白いと思えるが、映像として見ると話は違う。
夢とは、内容に意味がなくても、その人の深層意識が現れている。
それを見るのは、その人の本当の内面を知る事となる。見てはいけない部分を。
人間は、他人に己の全てを包み隠さずに、接する事は決してありえない。
もし、思った事をすべてさらけ出して接すると、事件、戦争が毎日起こってしまう。
関係を円滑にしようと思う理性を取り払った、他人の奥底を見るのはとても怖い事だ。

うーん、上手くまとめられない。こういう事を思えたのも、この作品に触れたからだ。
2006.07
11
Category : 舞台
Theme : ライヴレポ・感想
Genre : 音楽
W杯モードから日常モードへ。また一日一日を頑張っていこう。

土曜日にスムルースのライブへ渋谷に行って来ました。半年振りの渋谷。
相変わらず人が多い。昔はよく来ていたが、いまはここに馴染めない。
田舎以上都会未満の地元が一番だわ。スローライフが性に合っている。

いまいち知名度の低いスムルースですが、なかなか良いバンドです。
自分も友達に薦められるまでは知らんかったのですが、今ではお気に入り。
今回のライブも盛り上がって面白かったな~好きな歌も聴けたし満足。
もっとメジャーになってもおかしくないんだけどな。良い曲あるし。
でも、メジャーになりすぎるのも寂しい気もする。複雑なファン心理。

盛り上がるライブの中、自分のすぐ前にいた女の子が気になった。
高校生くらいの大人しそうな女の子で、どうやら一人で来ているようだ。
横乗り縦乗りする観客とは対照的に、ほとんど微動だにしないでライブを見ている。
全く関係ないのに「楽しくないのかな?」と心配になるほど、動きが無かった。

そんなお節介をよそに、手拍子もしなかった彼女が、少しずつライブにハマってきた。
そして、みんなで盛り上がる歌になった時、みんなと同じ様に手拍子を始めた。
微動だにしていなかった事が嘘の様に、他の観客と同化して盛り上がっていた。
なんだかそれが無性に嬉しかった。彼女を変えたのは、紛れも無くライブの力だ。

人を動かす力とは素晴らしい。いつか誰かの心を動かせる人になりたい。
2005.11
28
Category : 舞台
Theme : ライヴレポ・感想
Genre : 音楽
26日土曜日にスムルースのライブへ行って来ました。
ライブへ行くのは高校以来なので約6年ぶり。ドキドキワクワク。
渋谷へ行くのも半年振りだったりする。相変わらず渋谷は人が多い。
ちょうどイルミネーションの点灯式にも遭遇して大混雑でした。

辿り着いた先はShibuya O-East。舞台と客席が凄い近い!
今まで行ったライブは離れた指定席だったので、この距離感に驚き。
これこそライブハウスという感じ。開始前からテンションはうなぎ登り。
そして、スムルース登場。鳴り響く重低音と周囲の熱狂が体中を駆け巡る。

実はスムルースの事をよく知らなかった。ライブも友達に誘われただけだし。
盛り上がれるのか? という一抹の不安もあったが、開始後すぐに吹き飛んだ。
もう最高。演者と観客が一体となり、縦揺れ横揺れノリまくり!
曲とかそんなに知らなかったけれど、問題なく盛り上がれた。楽しかった~!
メンバーにも好感が持てたし、演奏も楽しめたし、とても充実したライブだった。
特にベースのテツロウの個性的な弾き方と笑顔が気に入った。これから応援しよう。

ライブも映画も演劇も劇場で見るのが一番だ。あの臨場感は生ならではだ。

sumu.jpg
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。