RSS
Admin
Archives

Makoz.Net

らくがき絵日記。ジェフサポ日記。映画・小説などの感想。雑記。

目次

感想リスト
Jリーグを1.5倍楽しむ放送
古本屋でバイトでもするか
twitter

ブログ内検索
カテゴリー
カレンダー(月別)
09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近の記事+コメント
全記事表示
全タイトルを表示
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
RSSフィード
プロフィール

Makoz

  • Author:Makoz
  • ジェフ千葉サポ
    Twitter
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
--.--
--


--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007.01
03
Category : 書籍
Theme : 読書感想文
Genre : 小説・文学
【小説】クライマーズ・ハイ/横山秀夫 (★★★★★★★★★
climber.jpg

日航機墜落事故を巡る地方新聞社の内情と家族関係に苦悩する新聞記者デスクのお話。

新聞記者小説。記者が登場する小説は数多くあるけれど、新聞社が舞台なのは新鮮だった。
新聞記者という存在も面白い。雑誌と違い、限られた情報の中で締め切りと毎日戦う。
警察と違い、犯罪者を捕まえる事も出来ず、裁判官のように、罪人を裁く事も出来ない。
読者に情報を伝える為に、ひたすら新聞を作っていく…。信念が無くては走り続けられないね。
そんな男たちの戦いが面白かった。中間管理職のつらさも滲み出て、主人公の苦悩がわかる。
また、メディアの放つメッセージの重さについてもよく描けており、色々と考えさせられた。

新聞社の状況が上手く描けている事に加え、日航機墜落事故の事件性も生かされている。
数多くの人が亡くなった世界的な大事故。地方新聞紙が大手新聞紙に対抗する様も面白い。
「大きい命と小さい命」の件がとても印象に残っている。この辺りは本当に難しい。
新聞社奮闘記だけでなく、家族愛にまで話を掘り下げたのが凄い所。この部分も好き。
上手くいっていない息子と知人の息子の狭間で揺れる主人公・悠木の心情描写も良かった。
最後の締め方もとても好き。とある場所での二人のやり取りが良い。読後感ジーン。

「下りる為に登る」――いつか自分にもそんな日が来るかもしれない。その時まで頑張ろう。
関連記事
スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。