RSS
Admin
Archives

Makoz.Net

らくがき絵日記。ジェフサポ日記。映画・小説などの感想。雑記。

目次

感想リスト
Jリーグを1.5倍楽しむ放送
古本屋でバイトでもするか
twitter

ブログ内検索
カテゴリー
カレンダー(月別)
05 ≪│2017/06│≫ 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最近の記事+コメント
全記事表示
全タイトルを表示
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
RSSフィード
プロフィール

Makoz

  • Author:Makoz
  • ジェフ千葉サポ
    Twitter
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
--.--
--


--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007.01
02
Category : 映画
Theme : DVDで見た映画
Genre : 映画
【映画】かもめ食堂 (★★★★★★★★★
kamome.jpg

フィンランドにある日本食堂で働く日本人おばさん3人とその国の人たちのお話。

動きがほとんど無い映画。普通こういう映画はつまらなく感じるのだが、これには好感が持てた。
この動きの無さがこの作品の全てである。街の片隅にある現実の定食屋のようだ。とても温かい。
店を繁盛させよう! みたいな展開にしなかったのが良かった。金儲けだけが全てではない。
けして繁盛しているわけではないが、やって来る常連さんたちとの何気ないやり取り。ここ好き。
サクセスストーリーではないけれど、少しずつ日本食が浸透する過程も、なんか嬉しく思えた。
フィンランドの国柄も日本に合っているのかもしれない。ああ、日本食が食べたくなってきた。

この作品の温かい雰囲気を作り出しているのは、ベテラン個性派女優の三人の存在が大きい。
小林聡美、片桐はいり、もたいまさこ。この三人がとても素晴らしかった。良い女優さんたちです。
西洋かぶれの日本人ではなく、これぞまさに日本人のおばちゃん。日本人の温かさが出ている。
彼女たちの些細なやり取りが微笑ましく、クスッと笑える場面も良い。日本人も捨てたもんじゃない。
このままでもとても好きな作品だけど、日本人かぶれの青年とのエピソードがもう一つ欲しかった。

慌しい毎日に疲れたら、街の片隅にある小さな定食屋に足を運ぼう。きっと温かくなれるはずだ。
関連記事
スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。