RSS
Admin
Archives

Makoz.Net

らくがき絵日記。ジェフサポ日記。映画・小説などの感想。雑記。

目次

感想リスト
Jリーグを1.5倍楽しむ放送
古本屋でバイトでもするか
twitter

ブログ内検索
カテゴリー
カレンダー(月別)
07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最近の記事+コメント
全記事表示
全タイトルを表示
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
RSSフィード
プロフィール

Makoz

  • Author:Makoz
  • ジェフ千葉サポ
    Twitter
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
--.--
--


--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006.11
27
Category : 書籍
Theme : 読書
Genre : 小説・文学
【小説】プルミン/海月ルイ (★★★★★★★☆☆☆
pulumin.jpg

公園でもらった乳清飲料を飲んだいじめっ子が死んでしまうお話。

プルミン=ヤクルトのイメージで読み進める。そう考えると恐ろしい。
子供なんて無邪気なものだから、もらった物を疑いも無く口にしてしまう。
いじめ、現代っ子、母親たちの人間関係も絡めて、なかなか面白いミステリーだった。
事件の謎について大きな不満はないが、結末に至るまでの過程が、ちとクドイかな。
伏線を広げているのは良いが、もっとそれを生かして欲しかった。やや尻つぼみ。
その辺りを巧みにして、終盤の盛り上げを上手くすれば、秀作になっていたはず。
あと、おばさんが探偵役になるのだが、そうする理由も欲しかった。違和感あり。

ミステリーとしては、上記のような不満はあったが、テーマはとても良い。
みんなから嫌われていた暴力的な子供と、自分の子供を信じて疑わない母親。
その子供が何者かの手によって殺された。容疑者と思える人物はたくさんいる。
いじめられていた子の母親の台詞が印象的。「あの子は死んで良かった。これは天罰だ」
いじめっ子がいなくなった事によって、クラスには平和が訪れる。それが事実。
倫理的には、人の死を喜んではいけないが、現実として、クラスメートたちは喜んだだろう。
自分には、その子たちを責める事は出来ない。かといって殺人を容認する事も出来ない。うーん…。

"子供には罪が無い"――それは違う。子供であろうと、悪い事をした者には罪がある。
関連記事
スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。