RSS
Admin
Archives

Makoz.Net

らくがき絵日記。ジェフサポ日記。映画・小説などの感想。雑記。

目次

感想リスト
Jリーグを1.5倍楽しむ放送
古本屋でバイトでもするか
twitter

ブログ内検索
カテゴリー
カレンダー(月別)
07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最近の記事+コメント
全記事表示
全タイトルを表示
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
RSSフィード
プロフィール

Makoz

  • Author:Makoz
  • ジェフ千葉サポ
    Twitter
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
--.--
--


--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006.11
10
Category : 映画
Theme : 映画感想
Genre : 映画
【映画】木更津キャッツアイ ワールドシリーズ (★★★★★★★☆☆☆
cast_tibg.gif

余命わずかなぶっさんと仲間たちのお話。ドラマ『木更津キャッツアイ』完結編。

好きだったドラマシリーズの締めくくり。懐かしくもあり、寂しくもある。
物語は、ぶっさんが亡くなってから3年経った場面から始まる。今までと一風違う。
木更津キャッツの雰囲気じゃないようであり、木更津キャッツならではの世界観でもある。
非現実的ではあるけれど、この世界観だからこそ、受け入れられる。それが木更津キャッツらしい。
ただ、全体的な物語の流れは良いけれど、ドラマと比べると全ての要素が薄い気もした。
個人的は、良い終わり方だったと思うが、最後に大きな仕掛けがあっても良かったかな。

ぶっさんがいなくなった木更津。そして仲間たち。彼らの時間は止まらずに進んでいく。
人が死ぬ事、時間の流れの非常さがよく描けていた。青春が終わった後なんて、そんなもんだ。
だけど、時間は止まらない。歩き続けなければいけない。それが人生ってやつだ。
ぶっさんの死を乗り越えて、新しい道を歩き出した仲間たちを見て、元気をもらった。
彼らのドラマは終わったが、彼らの生活は自分らが見えない所で続いてく。とても好きな作品です。

好きなドラマが終わるのは、人がいなくなるのと似ている。別れを乗り越えて、僕らは歩いていく。
関連記事
スポンサーサイト

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

木更津キャッツアイ木更津キャッツアイ(きさらづきゃっつあい)は、東京放送|TBS系で2002年1月18日-2002年3月15日、毎週金曜22時から1時間放送していたテレビドラマ(金曜ドラマ枠)。全9回。脚本は宮藤官九郎。.wikilis{font-size:10px;color:#666666;}Q

Comment

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。