RSS
Admin
Archives

Makoz.Net

らくがき絵日記。ジェフサポ日記。映画・小説などの感想。雑記。

目次

感想リスト
Jリーグを1.5倍楽しむ放送
古本屋でバイトでもするか
twitter

ブログ内検索
カテゴリー
カレンダー(月別)
07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最近の記事+コメント
全記事表示
全タイトルを表示
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
RSSフィード
プロフィール

Makoz

  • Author:Makoz
  • ジェフ千葉サポ
    Twitter
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
--.--
--


--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006.09
15
Category : 書籍
Theme : 読書感想文
Genre : 小説・文学
【小説】それでも、警官は微笑う/日明恩 (★★★★★★☆☆☆☆
keikan.jpg
無骨な武本刑事とお喋りの潮崎刑事が密造拳銃の出所を探すお話。

正統派刑事小説ど真ん中。久しぶりに真っ当な刑事小説を読んだ気がする。
王道すぎて物足りなさも感じたけれど、刑事小説は好きなんで、大きな不満は無い。
密造拳銃を巡る事件は、犯人の動機は面白かったが、手口などは微妙。
逮捕に至る展開は、ややあっけない。とんとん拍子で進むので、盛り上がりに欠けた。
その割りに文章量が多いので、中盤で中だるみもあった。もう2、3歩足りなかったかな。

人物はなかなか良い。"キチク"と呼ばれる無口な武本刑事。寡黙な侍みたいな男。
こういう無骨で男らしい人物は刑事役に適している。今の時代、絶滅しかけているタイプ。
相棒・潮崎刑事も良いキャラしている。親の七光りに甘んじず、頑張る姿が良い。
有名小説の刑事を例にあげて、刑事に憧れる様は、なかなか面白かった。
二人のやり取りは良かったけど、ちょっとクサイかな。背中でも言葉は語れる。

第1シリーズとしては、まずまずの出来。ストーリーに幅を持たせると面白くなるかも。
関連記事
スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。