RSS
Admin
Archives

Makoz.Net

らくがき絵日記。ジェフサポ日記。映画・小説などの感想。雑記。

目次

感想リスト
Jリーグを1.5倍楽しむ放送
古本屋でバイトでもするか
twitter

ブログ内検索
カテゴリー
カレンダー(月別)
05 ≪│2017/06│≫ 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最近の記事+コメント
全記事表示
全タイトルを表示
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
RSSフィード
プロフィール

Makoz

  • Author:Makoz
  • ジェフ千葉サポ
    Twitter
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
--.--
--


--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006.08
16
友達が出演している舞台を見るべく下北沢へ。→少年王者舘
上戸彩に遭遇するかも…と、一瞬でも思った自分は田舎者です。

舞台は、とある人物の存在意義、葛藤など、心の内側を具現化した内容。
正直、こういった趣向の作品は苦手。演劇だけでなく、映画や小説においても。
明確な答えが存在しない(自分はそう認識している)ので、考え出すとキリがない。
人間自体が存在している意味さえわからないのに、自分がいる意味など導き出せない。
そんな事情から、序盤から置いていかれて、最後まで作品にハマる事ができなかった。
こういった自分の趣向と違う作品に触れられたので、見たかいはあったと思う。
なによりも演者たちの力が伝わってきた。友達も頑張ってたし、良い刺激をもらった。

舞台を見終わって、思った事(この作品の感想ではなく、ただの自論です)。
他人の夢の中を見るという行為は、とても気持ち悪いものである。
話の上辺だけを聞く程度なら、面白いと思えるが、映像として見ると話は違う。
夢とは、内容に意味がなくても、その人の深層意識が現れている。
それを見るのは、その人の本当の内面を知る事となる。見てはいけない部分を。
人間は、他人に己の全てを包み隠さずに、接する事は決してありえない。
もし、思った事をすべてさらけ出して接すると、事件、戦争が毎日起こってしまう。
関係を円滑にしようと思う理性を取り払った、他人の奥底を見るのはとても怖い事だ。

うーん、上手くまとめられない。こういう事を思えたのも、この作品に触れたからだ。
関連記事
スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。