RSS
Admin
Archives

Makoz.Net

らくがき絵日記。ジェフサポ日記。映画・小説などの感想。雑記。

目次

感想リスト
Jリーグを1.5倍楽しむ放送
古本屋でバイトでもするか
twitter

ブログ内検索
カテゴリー
カレンダー(月別)
06 ≪│2017/07│≫ 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最近の記事+コメント
全記事表示
全タイトルを表示
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
RSSフィード
プロフィール

Makoz

  • Author:Makoz
  • ジェフ千葉サポ
    Twitter
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
--.--
--


--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006.07
17
Category : 漫画
Theme : 感想
Genre : アニメ・コミック
【漫画】DEATH NOTE(全12巻)/小畑健 (★★★★★★★★★
death.jpg
名前を書くと死んでしまうノートを手に入れた青年のお話。原作:大場つぐみ。

デスノートを手に入れたら、ビビッてしまい、実行しても罪悪感に苛まれて、
後悔しながら、命の重さを知って改心する……これが今までにあったパターン。
しかし、この主人公・ライトは、キラと名乗り、バンバンとノートを使っていく。
犯罪者に甘い日本の法律に対するわだかまりを払拭してくれているかのように。
"悪い事をすると殺されるかもしれない"。それが犯罪の無い世界へと導いていく。
もし、自分がこの漫画の世界の住人だったら、間違いなくキラ崇拝者になっていた。

上記のように、作品のテーマにも惹かれたが、それ以上に面白い部分は、
ライトとLの頭脳戦。Lが推理したら、ライトがそれを読んだ行動をし、
さらにLがその上をいき……。毎回、二人の戦いがどうなるのか楽しみにしていた。
漫画なのに、小説のような文字数で、読み応えもバッチリある。疲れるけど(笑)
死神、デスノートのルールも展開に幅を持たせて、非常に面白かった。
また、絵もとても綺麗で好き。ライトのしたり顔なんて、もの凄い存在感。
1部だけなら満点。2部は二人の頭脳戦とは少し変わって、いまいちハマれなかった。
物語の終わり方も見事。これ以上の締め方は無いんじゃないかな。良い作品でした。

命の重さは平等ではない。犯罪者の命を守る必要はないと感じる今日この頃。
関連記事
スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。