RSS
Admin
Archives

Makoz.Net

らくがき絵日記。ジェフサポ日記。映画・小説などの感想。雑記。

目次

感想リスト
Jリーグを1.5倍楽しむ放送
古本屋でバイトでもするか
twitter

ブログ内検索
カテゴリー
カレンダー(月別)
07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最近の記事+コメント
全記事表示
全タイトルを表示
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
RSSフィード
プロフィール

Makoz

  • Author:Makoz
  • ジェフ千葉サポ
    Twitter
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
--.--
--


--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006.05
02
Category : 書籍
Theme : オススメ本
Genre : 小説・文学
【小説】龍時 01-02/野沢尚 (★★★★★★★★★
ryuji.jpg
16歳のサッカー少年が単身でスペインへ渡って頑張るお話。

故・野沢尚が遺したサッカー小説。これはよく出来ている。面白い。
自分は、サッカーはもちろんの事、サッカー漫画なども大好きだ。
それはビジュアルがあるからこそ楽しめると思っていたが、
この作品を読んで、それが間違いであったと気付かされた。
文章から、試合シーンが浮かんできて、スピード感のある展開が楽しめる。
まさに実際の試合を見ている感覚……いや、実在の選手になった感覚だ。

試合シーンも見事だが、それ以上に楽しめたのがストーリー。
リュウジという一人のサッカー人生が描かれている(始まったばかりだが)。
慣れない欧州の生活、意思疎通の取れない仲間、満足なプレイが出来ない……。
サッカー選手が陥るであろう苦しみから、歓喜まで描かれているのが面白い。
主要舞台が日本でなく欧州なので、現在も海外で活躍している選手たちも、
こんな風に苦しんでいるんだろうなぁ。プレイスタイル的に松井が近いかな。
また、2001年当時のサッカー状況も克明に描かれているのも、懐かしく楽しめた。

まだリュウジのサッカー人生は始まったばかり。残り2作しかないのが残念。
関連記事
スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。