RSS
Admin
Archives

Makoz.Net

らくがき絵日記。ジェフサポ日記。映画・小説などの感想。雑記。

目次

感想リスト
Jリーグを1.5倍楽しむ放送
古本屋でバイトでもするか
twitter

ブログ内検索
カテゴリー
カレンダー(月別)
09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近の記事+コメント
全記事表示
全タイトルを表示
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
RSSフィード
プロフィール

Makoz

  • Author:Makoz
  • ジェフ千葉サポ
    Twitter
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
--.--
--


--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006.01
02
【漫画】のだめカンタービレ(1)~(13)/二ノ宮知子 (★★★★★★★★☆☆
nodame.jpg
指揮者を志す千秋と天然ピアニストのだめの織り成すラブコメ。

巷の大評判に感化され読了。うん、面白い。これは人気出てもおかしくない。
主要人物を中心とする個性的な登場人物の脱力ギャグが心地良い笑いを誘う。
オーケストラという集団行動の特色を生かした人物の描き方は面白い。
恋愛部分をメインに描いていない所に好感が持てた。あくまで音楽がメイン。
少女漫画のドロドロとした恋愛描写は苦手なので、これくらいがちょうど良い。

自分は、吹奏楽部に所属していたので、記憶と重なる部分が多くて面白かった。
みんなで共に演奏する事はチームプレイ。一種のスポーツと同じである。
大勢で一つの事に取り組むのは、大変であり、素晴らしい事でもある。
オーケストラでの演奏や人間関係など、集団行動の良い部分を見事に描いている。
『BECK』と同様に演奏部分は、絵から音楽が聞こえてくる力がある。

登場人物。個性的な奴らが多くて面白い。ここがこの作品の面白さの鍵だろう。
正直、のだめはそんなに好きじゃない。天然娘は苦手なのですよ。
だけど、千秋とのだめのやり取りはとても好きだ。ほのぼのしていて温かくなれる。
天才でありながら欠陥も多い千秋は好感が持てて好き。千秋視点で描いているのは◎。
オケメンバーも、寡黙で武士な黒木くんを筆頭に好感が持てる人物が多くて良い。

荒削りな才能たちが集まり、魅せる可能性ほど美しいものは無い。
関連記事
スポンサーサイト

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

「のだめカンタービレ」作・二ノ宮知子を読んで

私は、人を笑わすことに長けた「コメディアン」な人々をリスペクトしている。どうしようもない悲しみも絶望も苦しみも極上の「笑い」は、例え一時だとしても忘れさせてくれるから。それに、人を「笑わせる」というのは、「感動」させるよりもずっとずっと難しいと感じている

Comment

非公開コメント

はじめまして!コメントありがとうございます。
かおりさんのブログも拝見させて頂きますね。
店長と副店長のお話、楽しませて頂きます。
今後ともよろしくです!

書評、参考になりました。わたしのブログにもぜひ遊びに来てください!店長と副店長のお話がお勧めです。また遊びに来ますね。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。