RSS
Admin
Archives

Makoz.Net

らくがき絵日記。ジェフサポ日記。映画・小説などの感想。雑記。

目次

感想リスト
Jリーグを1.5倍楽しむ放送
古本屋でバイトでもするか
twitter

ブログ内検索
カテゴリー
カレンダー(月別)
07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最近の記事+コメント
全記事表示
全タイトルを表示
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
RSSフィード
プロフィール

Makoz

  • Author:Makoz
  • ジェフ千葉サポ
    Twitter
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
--.--
--


--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2005.11
15
Category : 雑記
Theme : 真面目に考えた話
Genre : 日記
ここで映画・小説・漫画なんかの感想を書いているわけですが、
媒体が違いますが、それぞれに良い部分があると思います。
個人的な意見だと下記のような感じ。これが全てじゃないけれど。

喜:漫画>映画>小説
怒:映画=小説=漫画
哀:映画>小説=漫画
楽:小説>映画=漫画

喜……どれだけ笑えるか。この中では漫画が一番笑える。大笑い出来る。
映画でも笑うけれど、なかなか大爆笑とまではいかない。
小説ではクスッとしたりするが、思いっきり笑ったという経験は少ない。

怒……どれだけ怒れるか。良い作品には怒れるポイントがある。
それが人物に対してだったり、社会に対してだったりと千差万別。
これはどの媒体でも同じくらいかな。怒りで震える事もしばしばある。

哀……どれだけ泣けるか。これは映画が一番。音楽など演出の利点が大きい。
小説と漫画では同じくらいかな。ジーンと出来る作品が大好きだ。
涙にも、嬉し涙、悔し涙など様々な感情がある。それを揺さぶれるのが良い作品。

楽……どれだけ楽しめるか。これは怒と同様に媒体に差はないけれど、
文字から様々な部分を想像出来る小説が一番とした。
小説のメディアミックスで原作より面白いと感じれる作品は少ないし。
映画は良作に比べて、駄作が多いので減点。漫画は一番手軽に楽しめるのが有利。

などと勝手に語ってみたが、どの媒体でも良作は良作だし、駄作は駄作。
それぞれの媒体に良い部分はあるし、悪い部分もある。優劣をつけられない。
と、元も事も無い事を言って締めさせて頂きます。最後に言いたい事は、

どの媒体でも物語を見る事が大好きです。
関連記事
スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。