RSS
Admin
Archives

Makoz.Net

らくがき絵日記。ジェフサポ日記。映画・小説などの感想。雑記。

目次

感想リスト
Jリーグを1.5倍楽しむ放送
古本屋でバイトでもするか
twitter

ブログ内検索
カテゴリー
カレンダー(月別)
03 ≪│2005/04│≫ 05
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最近の記事+コメント
全記事表示
全タイトルを表示
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
RSSフィード
プロフィール

Makoz

  • Author:Makoz
  • ジェフ千葉サポ
    Twitter
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
--.--
--


--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2005.04
28
Category : 映画
【映画】ハイド・アンド・シーク -暗闇のかくれんぼ- (★★★★★★☆☆☆☆

母親が亡くなり心を閉ざした娘と親父の新居での交流を描いたお話。

娘役ダコタ・ファニングの表情は相変わらず凄いね。
この子の演技がこの作品の恐怖の全て。暗闇の中であの真顔は怖すぎる。
「チャーリー、チャーリー、チャーリー」と叫ぶシーンは圧巻の一言。
笑顔と真顔。このギャップが我々の心を激しく揺さぶる。末恐ろしい子です。

肝心の物語・チャーリーの秘密についてはいまいち。
これでも作品としては辻褄は合うんだけどサプライズが足りなかった。
一本線のミステリーなのでネタが満足できないときつい。
それに至るまでの道筋なんかは時折ビクッとなって面白かったけど。

かくれんぼ。この要素を効果的に使っているかと言われたら疑問。
楽しいかくれんぼと怖いかくれんぼ。対照的な二つの描き方は良いが、
言ってしまえば、ただそれだけである。怖いけれど物足りない。
怖いかくれんぼならば、ジェイソンの方がよっぽど怖いしね。
ミステリーとしてもスリラーとしても二流の域を脱していない。

もう、いいかい。……誰からも返事が無かった少年時代のあの夕焼けを僕は忘れない。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。