RSS
Admin
Archives

Makoz.Net

らくがき絵日記。ジェフサポ日記。映画・小説などの感想。雑記。

目次

感想リスト
Jリーグを1.5倍楽しむ放送
古本屋でバイトでもするか
twitter

ブログ内検索
カテゴリー
カレンダー(月別)
03 ≪│2017/03│≫ 04
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最近の記事+コメント
全記事表示
全タイトルを表示
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
RSSフィード
プロフィール

Makoz

  • Author:Makoz
  • ジェフ千葉サポ
    Twitter
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
--.--
--


--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009.11
17
PSP『J.LEAGUE プロサッカークラブをつくろう!6 Pride of J』のプレイ日記です。
このお話はゲームを基に筆者の妄想を広げたものであり、すべてフィクションであります。
ゲームの画像の著作権などは全てSEGAのものです。興味を持ったら買ってみてね(´∀`*)



サカつく6プレイ日記 #09 1年目7月8月

▼1年目7月
施設を作った余波で資金難がさらに加速。メンバーも変わったので最近のスタメン。

saka012.jpg

あと、未所属のSB沢学を獲得。移籍金目当てのドナドナ要因。
プロの世界は非常でなくてはならないのだよ(`・ω・´) とりあえずスタメン。

7月はリーグ戦はお休み。トライアルカップというカップ戦に出場するも一回戦敗退。

●H神戸0-1


▼1年目8月
ドナドナオファーが来ないので、厳しい貧乏生活が続く。今回は資金繰りがきつい。
選手枠が一つ空いていたので、未所属のFW久居を獲得。かなり高い実力との事。

リーグ戦再開。新戦力も増えて来たけれど、他のチームとの差は感じる。
勝てる事もあるが、なんとか勝っているという感じ。今季の昇格は絶望的。
噂には聞いていたけれど、今回は難しい。しかし、この歯応えがたまらない(`3´)ノ

●A熊本2-3、●H甲府0-1、○H水戸1-0、○A徳島1-0、△H札幌0-0
J2 16位。8勝12敗4分け。

saka013.jpg

スポンサーサイト
2009.11
16
PSP『J.LEAGUE プロサッカークラブをつくろう!6 Pride of J』のプレイ日記です。
このお話はゲームを基に筆者の妄想を広げたものであり、すべてフィクションであります。
ゲームの画像の著作権などは全てSEGAのものです。興味を持ったら買ってみてね(´∀`*)



サカつく6プレイ日記 #08 1年目5月6月

▼1年目5月
得点力不足を解消すべく大宮からFWの市川雅彦を完全移籍で獲得。

saka009.jpg

現実でも今季、出番を増やしている選手。うちのチームを救ってくれ!
初期メンバーに他クラブからオファーが来る。迷わずドナドナ。ありがとう(´;ω;`)
移籍リストに僕らのジウトンが登場するも資金難の為、断念|ω・`)

5月はJ2の過密日程が続く。疲労が抜けない日々が続き、結果も冴えない。
下位チームからなんとか勝ちを奪うが、中位以上にはなかなか勝ちきれない。
今月獲得した市川が早速、初ゴールを挙げるも、まだまだ厳しい戦いが続きそうだ。

●H栃木0-2、○A沖縄(新規参入)2-0、●H横浜C0-2、△東京V0-0
●H湘南0-1、○A岡山2-0
J2 14位。5勝7敗3分け。


▼1年目6月
補強はまだまだ続く。今後に期待を込めて、CBの湘南の村松大輔をレンタル獲得。

saka010.jpg

現実では、U-19代表に選ばれ、A代表の岡田監督にも注目されている逸材。
資金にも少し余裕が出てきたので、疲労回復の為、リラクゼーションルームを設置。
選手、施設も少しずつ揃ってきたが、まだまだ先は長い。マイペースでいこう(´∀`*)

6月のリーグ戦は、冴えない展開が続き3連敗。全て0-1という結果。
大量失点しないだけましか。得点を取れないのを嘆くのか。うーん、難しいのぅ(´・ω・`)

●H草津0-1、●A愛媛0-1、●H鳥栖0-1、○A富山2-0
J2 15位。6勝10敗3分け。

saka011.jpg

2009.11
15
PSP『J.LEAGUE プロサッカークラブをつくろう!6 Pride of J』のプレイ日記です。
このお話はゲームを基に筆者の妄想を広げたものであり、すべてフィクションであります。
ゲームの画像の著作権などは全てSEGAのものです。興味を持ったら買ってみてね(´∀`*)



サカつく6プレイ日記 #07 1年目3月4月

▼1年目3月
待ちに待ったJ2開幕戦! 果たして今のチームの実力はどんなもんなんだろう。
今年は昇格を目指すというよりも、土台作りの一年。開幕スタメンはこんなかんじ。

saka006.jpg

期待は、大分よりレンタル移籍したCB森重と、完全移籍のSBアルガンチューワ。
あとは最初からいる選手たち。愛着もまだないし、そこまで期待も出来ず。

開幕戦の相手は熊本。ホームという事もあり、何度かチャンスもあったが無得点。
熊本・藤田にゴールを決められ、0-1の敗戦。まだまだ戦力補強が必要だ。
次の甲府戦でなんとか初勝利を得るも、攻撃陣の迫力不足を感じた。

●H熊本0-1、○A甲府1-0、●A水戸0-1、○H徳島2-1、△A札幌0-0。
J2 13位。2勝2敗1分け。


▼1年目4月
徳島からDMF青山隼を完全移籍、フランスからSMFエル・アラビをレンタル獲得。

saka007.jpg

青山はDFのポジションどこでもこなせるし、なんといってもイケメンもち!
おかげでクラブ人気も上がった(´∀`*) アラビも世界に通用する選手。期待!

しかし、まだ戦力不足は否めず。仙台、C大阪に格の違いを見せ付けられる。
FW補強がまだ出来ていないのが響いてるのか。チャンスが出来てもことごとく外す。
守備面だと、GKグレンコビッチが大活躍。彼のおかげで失点が格段に抑えられている(´∀`*)

●H仙台0-3、△A岐阜1-1、●HC大阪1-2、○A福岡1-0
J2 12位。3勝4敗2分け。

saka008.jpg


2009.11
13
PSP『J.LEAGUE プロサッカークラブをつくろう!6 Pride of J』のプレイ日記です。
このお話はゲームを基に筆者の妄想を広げたものであり、すべてフィクションであります。
ゲームの画像の著作権などは全てSEGAのものです。興味を持ったら買ってみてね(´∀`*)



サカつく6プレイ日記 #06 1年目1月2月

▼1年目1月
現有戦力では物足りない。スカウトリストにもいい選手がいない
ということで、エディット選手(FW)、無名のユース選手を二人をトップ昇格。
そして、DL選手であるアルガンチューワを獲得。懐かしい~(´∀`*)

saka004.jpg


▼1年目2月
フレンドリーマッチの千葉戦は、ミシェウのハットトリックがあり、0-3の完敗。
このままではリーグ開幕が心配だ・・・。急いで補強をしないと。DFでリストアップすると……

saka005.jpg

森重キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!!! いきなりの大物でテンション上がる!
現実的に考えても、J2新規参入クラブに森重がレンタル加入するわけないのだが、まぁいいだろw
早速、交渉して見事にレンタル獲得! FC東京の佐原も欲しかったが、資金難の為、断念。

着々と補強が進んでいく。静岡でキャンプを慣行。フレンドリーマッチ3連敗は気にしない( °3°)

2009.11
12
PSP『J.LEAGUE プロサッカークラブをつくろう!6 Pride of J』のプレイ日記です。
このお話はゲームを基に筆者の妄想を広げたものであり、すべてフィクションであります。
ゲームの画像の著作権などは全てSEGAのものです。興味を持ったら買ってみてね(´∀`*)



サカつく6プレイ日記 #05 『アクエリアス市川』

待ちに待った11/12。ついにサカつくの最新作が発売!!DL版をゲットしました(`3´)ノ
この日をどれだけ待った事か…。嬉しすぎたので、プレイ日記を書いていこうと思います。

プレイするにあたって、色々とルールを設けようとも思いましたが、
久しぶりのサカつくなので、自由にまったりとやっていきたいと思います。
最強を目指すといったプレイではなく、より現実的に楽しみながらやっていきます。

現実でJ2降格をしてしまったジェフ千葉の栄光のプレイ日記にしようかと迷いましたが、
J2から成り上がるオリジナルクラブでやります。前振りのプロローグも書いちゃったしw
まずは恒例のチームエデイット。この瞬間も楽しいひと時です(´∀`*)

saka002.jpg

生まれた時から住んでいる千葉県市川市を本拠地に、チーム名はアクエリアス市川。
これは色々なゲームで愛用している名前。スポーツ飲料からではなく、水瓶座が由来。
ユニフォームは緑を基調としたもの。チーム名の通り青系にしたかったが、青系チーム多いので。
ライバルチームは、サポしているジェフ千葉。ゲームの中では降格しないでくれ(´;ω;`)

saka003.jpg

クラブ詳細はこんな感じ。まだ何もいじっていないデフォルトの状態。
本当は4-2-3-1のショートカウンターをやりたいのだが、それはこれからこれから。
自分色のサッカークラブにしてやりますよ! 選手紹介とかはリーグ開幕時にでも。

今回はなかなかの難易度との噂。楽しみだ(´∀`*)

2009.11
11
サカつく6プレイ日記 #04『SHOUT! for SHOOT!』

PSP『J.LEAGUE プロサッカークラブをつくろう!6 Pride of J』のプレイ日記です。
このお話はゲームを基に筆者の妄想を広げたものであり、すべてフィクションであります。
順番に読む場合は、サカつく6プレイ日記から。


▼200X年X月

河川敷で出会ったサッカーチームと一人の女性。ここから事態は急展開に転じた。
サッカーチームを運営している彼女の父親に会い、Jリーグを目指すという夢を熱弁する。
この不況の中、サッカー運営に資金を割いていたサッカー馬鹿の社長はそれを快諾。
お酒を片手に、Jリーグの現状から未来、日本代表の可能性などなど、朝まで語りあった。
サッカーという共通言語があれば、どんな人でも少年少女に戻る事ができる。

それからも度々、サッカー談義に花を咲かせ、共にスタジアムへと足を運ぶようになった。
すっかりと意気投合したサッカー馬鹿二人。そこには世代を超えた友情が生まれていた。
社長は傾いた会社を立て直すため、仕事に奔走。クラブ運営の全権を自分に委ねるという。
恐れ多い。最初はそのありがたい申し出を断ったが、社長の一言により決意を固めた。

「君が描くサッカーに興じて、うまい酒が飲みたい」

それから自分とクラブの長い長い戦いが幕を開けた。
千葉県市川市を本拠地とし、千葉県社会人リーグ3部に所属。
今まで遊びの延長線でサッカーをやっていた選手たちを戦士にする事から始め、
プロ選手という夢を志半ばで諦めたサッカー経験者たちを募り、
スタジアム、練習場などのインフラを整える。それ以外にもやる事は山ほどある。

時は瞬く間に過ぎていった。クラブは栄光と挫折を経て、JFLに駒を進めた。
しかし、それまでの快進撃が嘘のかのように苦汁の日々が続いた。
いいサッカーをしているのに勝利を奪えない。出口の見えない濃霧の中。
試合巧者であるJFLの猛者たちとの戦い。自分たちのやっている事は本当に正しいのか。
いくら考えても答えを見つける事が出来ない。答えはピッチの中にしか存在しない。

選手、サポーター、スタッフ、クラブに関わる全ての力を集結させた。
スタッフをそれぞれの仕事を全うし、選手のため、クラブのために走り回り、
サポーターは想いの全てを歓声に変え、選手たちと共に戦い、
選手はそれらの想いを力にし、全身全霊をかけ、ピッチという戦場で躍動する。
クラブ一丸となり、数々の死闘を潜り抜け、ついにJ2昇格という切符を手に入れた。

これが終わりではない。これから続く長い戦いの始まりに過ぎない。

さぁ、いこう。Jリーグへ!


本編へ続く。

::more
2009.11
10
サカつく6プレイ日記 #03『天啓』

PSP『J.LEAGUE プロサッカークラブをつくろう!6 Pride of J』のプレイ日記です。
このお話はゲームを基に筆者の妄想を広げたものであり、すべてフィクションであります。


▼200X年X月

江戸川の河川敷グラウンドで遭遇した草サッカーチームの試合。
お世辞にも上手いとは言えないけれど、みんな楽しそうにサッカーをしている。
数えるほどしかいない観客たちは、一つ一つのプレイに対して歓声をあげている。
これがサッカーなんだな。ボール一つあれば、誰であっても楽しむ事ができる。
サッカーっていいなぁ。時間が経つのも忘れて、名前も知らない選手たちのプレイに酔いしれた。

「サッカーお好きなんですか?」

ふいに声をかけられた。声のする方を振り返ると、そこには一人の女性が立っている。
どこかで見た事がある。誰だっけ? 朝のテレビで見た事がある気がする。いや、気のせいか。

「あっ、はい。選手たちの楽しそうな姿に見入っちゃて」
「そうですよね。みんな本当に楽しそう」
「いいチームっすね。サッカーを心底楽しんでプレイしている」
「ふふふ、ありがとうごさいます」

ドキッとした。無邪気に笑う彼女の笑顔に心を奪われた。

「ありがとう?」
「あっ、このチームは私の父の会社が運営しているサッカークラブなんです」

驚いた。まさか社長令嬢だったとは。これは逆玉の輿のチャンス……。
いやいや、出会ったばかりの女性に何を考えているんだ。俺は馬鹿だ。三国一の大馬鹿者だ。

「でも……もうすぐ終わってしまいます」

先ほどの天使の微笑みが陰り、暗い表情に変わった。

「もう少ししたら、このチーム、無くなっちゃうんです。……この不況で」
「そ、そうなんですか。それは残念です……」
「……はい。サッカー詳しくないけど、このチームの試合見るの好きだったのに……」

今にも泣き出しそうな彼女の表情に胸が痛んだ。
うわぁぁぁぁ!! グラウンドから歓声があがった。
どうやら今話していたチームがゴールを決めたらしい。
満面の笑顔でお互いを称え合う選手たち。観客たちも自分の事のように喜んでいる。

その光景を目にした瞬間。自分の頭の中に天啓が舞い降りた。

「あの……いきなりなんですけど」

「僕と一緒にこのチームでJリーグを目指しませんか?」


続く

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。